背中の産毛を自分で処理するなら、カミソリを使うのが一番手軽です。
カミソリは、滑らすだけで処理出来るので、初心者の方でも簡単に使いこなせます。

手の届かない部分は難しいですが、体の向きや手の位置を変えれば、なんとか全体的に処理をすることは可能です。

カミソリを使う場合、まず重要なのが、シェービングクリームを丁寧に塗ることです。

適当に塗ってしまうと、塗りムラが出来てしまいます。そうなると、きちんと塗れていない部分は、綺麗に剃ることが出来ません。

また、肌に直接カミソリが当たってしまうと、大きなダメージを与えてしまいます。背中は、他の部位と違って、保湿などのケアをするのも一苦労です。

ですから、肌のダメージを与えてしまうと、乾燥肌が引き起こされて、背中ニキビの原因になることもあります。

そうならないためにも、シェービングクリームは丁寧に、まんべんなく塗りましょう。

後は、合わせ鏡で背中を見ながら、クリームを取るにように剃っていきます。

どうしても手が届かない部分がある場合には、頼める人がいれば、その部分だけ剃ってもらいましょう。
もし誰もいないのであれば、どうにかして自分で剃りきってください。

でも、自分で全部を処理出来る自信がない場合には、やはり第3者にお願いするのが一番です。

産毛を処理していないのもみっともないですが、処理のし残しがあるのもかなりみっともないものです。
ですから、友達や家族、彼などに事前に頼んでおきましょう。

だけど、知り合いには処理してもらいたくない、という場合には、エステサロンでの処理を検討するのもオススメです。
参考→ エステで背中脱毛した感想

さまざまな自己処理法とエステサロン


ムダ毛は体のあらゆる部分に生えるものですが、一番やっかいなのが背中の産毛ですよね。
背中の産毛は、普通なら自分では見えません。

だから、あまり気にならないものですが、第3者から見ると結構目に付くものです。

見えないから気にならない反面、見えないからこそ気になるのが背中の産毛と言えます。

でも、いくら気にしても、背中の産毛は他の部位のように手軽に処理が出来ないですよね。

すみずみまで手が届かないので、毛抜きはもちろん、シェービングをするのは、自分では到底無理です。

また、脱毛クリームを塗るにしても、産毛なので綺麗に処理出来ません。産毛はとても細くて短いので、脱毛クリームの効果が効かないのです。

では、どうやって処理をすればいいのでしょうか。まず方法としては、友達や家族にお願いすると言う手があります。

人にやってもらえるなら、カミソリでも処理が可能です。

もし、自分だけで処理をしたい場合には、脱毛ローラーを使うといいでしょう。脱毛ローラーは、ローラーが産毛を巻き取っていきます。

ですから、ころころと背中を滑らすだけで産毛を処理することが出来ます。これなら、多少体が柔らかい方なら、自分で背中の産毛を処理出来ます。

また、最近は、家庭用脱毛器で背中の産毛を処理しやすいものもあります。

でも、綺麗に処理したいなら、やはりエステサロンで脱毛してもらうのが一番ですね。

エステサロンだったら、エステティシャンが肌に負担をかけずに、残さず産毛を脱毛してくれます。

このように、背中の産毛の処理方法はいろいろあるので、自分の予算などに合わせて、処理方法を選ぶといいですね。